本文へスキップ

坪井 和真の趣味を紹介するページ

VE岡山チームVE Okayama team

参考資料

 VE岡山の活動は2011年12月をもって終了し、ARRL VE神戸に引き継ぎました。
 受験者に役立つ情報を一部残してありますので参考にしてください。
 各VEチームごとに細かい規定は違いますので、各チームの規定に従ってください。

受験資格:
 アメリカ内(グアム、サイパン等も含む)に免許状等を受け取ることができる住所が必要です。

受験日に必要なもの:
・パスポート(パスポートをお持ちで無い方は免許証等写真付きの身分を証明する公的な書類及び、英文での氏名が証明 できるクレジットカード等(この部分はチームにより扱いが違います。よく確認してください)
・FRN(注)
・FCCライセンス及びCSCEのオリジナル、ならびにそれらの原寸大コピー(保持者のみ)
・筆記用具(鉛筆、ボールペン、消しゴム等)
・受験料:US$15程度(原則として毎年変わります)

なお、FRN(FCC Registration Number)は、 下記の方法で受験の前に取得しておいてください。

その他:
 辞書、参考書の使用は不可。電卓はメモリー機能のない物に限り使用可。(電源のオフで消去されるものは可)

 一般的な試験の手順、注意事項、参考事項はこちらをご覧下さい。


FRNを取得する方法:
ここでの住所は日本のものでもアメリカのものでも登録できます。例として日本の住所を登録する手順を説明します。
FRNの取得後は住所が変わっても変更の必要はありません。
 (1) http://wireless.fcc.gov/uls にアクセスして NEW USERSのレジスターボタンをクリックする。
 (2)Select one of the following画面で、左のレジスターボタン をクリックする。
 (3)Registration type画面で、Are you registering as a business or an individual?は "An individual"を選択、
  Is your contact address within the United states or its territories?は"No"を選択して
  コンテニューボタンをクリック。
 (4) 次のページ に必要事項を記入する。
  Register a Foreign Individualの
  First Name:(名)
  Last Name:(姓)
  Contact Informationの"Same as Above"にチェック
  Address:(番地、町名等)
  City:(市)
  Cuntry:(国)
  FRN Password:(自分で決めた6〜15文字のパスワード)
  Personal security question:(パスワードを忘れた時の質問:生まれた市、ペットの名前等の中から選択)
  Answer:(上の質問の答え)
  を記入してサブミットボタンをクリック。
 (5)ここから先は、私は既にFRNを持っているので、テストできませんが、確認画面がでて、コンテニューボタン
  をクリックすれば終了画面が出るような気がします。
 (6)以前は "Thank you for registering FCC. "というメッセージの書かれた画面が出ていました。
   このときに FRN も指定されます。
  (後日のためにプリントアウトしておいてください)


JA4CZM AA1NY

ja4czm(アット)ja4czm.com
(アット)は@に修正してください。